被災地で進む新しい挑戦や地域の魅力を特集記事で紹介します。

みちのくみっけ Vol.4 いわき編 2日目

vol04_2-00.jpg

2日目は「NPO法人ふよう土2100」が提供するスタディツアーに参加し、原発事故や津波の被害状況を知りました。そして、人の戻らない沿岸部で営業を始めようとする店や、自力で町を再興しようとする人々に触れ、1日目とは異なるいわきの底力を実感しました。

みちのくみっけ Vol.4 いわき編 1日目

vol04_1-00.jpg

第4回で訪問したのは東北二位の観光都市・いわきです。有名なゼリー店や定番の水族館、人気のカフェを訪れ、夜は復興飲食店街として再生したレトロな市場へ。宿泊した老舗旅館では、これまでの地域貢献の伝統を受け継ぎ、これからの地域の優しい未来を想う言葉を聴けました。

みちのくみっけ Vol.3 石巻編 2日目

vol03_2-00.jpg

2日目は隣町の女川を訪れてから、津波で沈んでしまった集落を訪問。女川駅前のようにお洒落に整備された地域と、人がいなくなってしまったままの地域が混在していることが分かります。その後、避難した人たちが自由に交流できる図書館や、地元の水産加工品を買えるお土産屋さんなども訪れ、盛り上がっていく街の様子を感じました。

みちのくみっけ Vol.3 石巻編 1日目

vol03_1-00.jpg

今回訪れたのは宮城県第二の都市・石巻。駅近くには徒歩圏内に様々なお店が集まっています。金華山沖の魚介類を提供するお寿司屋さんや、歴史ある陶器店や呉服店、こけし作りを体験できるお店などを散策した後、車で市街地を離れて海を望むカフェへ。夜は民宿で贅沢な鮮魚を堪能しました。

みちのくみっけ Vol.2 大槌編 2日目

vol02_2-00.jpg

2日目は険しい獣道で山を歩き、鮭と一緒に川を泳ぐアクティブなプラン。さらに郷土芸能「鹿子踊」も体験しました。大槌は、飾らず親身にもてなしてくれる方々ばかりで、都会の人にとって新鮮で魅力的な町です。大槌の暮らしに根ざした旅の提案は、きっと今後の地域活性化に繋がるはずです。

みちのくみっけ Vol.2 大槌編 1日目

vol02_1-00.jpg

「みちのくみっけ」の第2回は、新巻鮭発祥の地でもある海の町・大槌です。たっぷりの海の幸を食し、イカなどの加工現場も体験しました。さらに、大槌湾に浮かぶ「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった島にも上陸。夜は猟師の家で熊や鹿の肉をいただき、マタギのたくましい暮らしぶりを伺いました。

みちのくみっけ Vol.1 南三陸編 1日目

vol01_1-00.jpg

旅の目的地としての東北の魅力を伝えるため、地元の若者と一緒に、「1泊2日観光モデルプラン」をつくり、連載することになりました。第一回で訪れたのは、豊かな海と山に囲まれた町・南三陸です。新鮮な海産物を味わい、江戸時代から続く郷土文化を体験し、素敵な手作りのお土産を見つけてきました。

気仙沼の幸を振舞う『ゑびす振舞い』プロジェクト~株式会社フカコラ美人の取組~

気仙沼はサメの水揚げ量は日本全国の95%を占め、気仙沼市は昔から良質なサメ、そしてフカヒレの取れる街として有名です。そんなきれいの素である良質なコラーゲンがとれる街に女性の視点から注目した『ゑびす振舞い』プロジェクトを始めた株式会社フカコラ美人の取組を紹介します。

ベンチャー企業の研究開発~株式会社バンザイファクトリーの取組~

断面が星型のパスタ、自分の手にあわせたオーダーメイドのコップ、「砂糖・塩・醤油」を使わない甘露煮など様々な商品を生み出してきた、陸前高田発の夢を与えるベンチャー企業「バンザイファクトリー」の取組を紹介します。