第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(前篇)

 東日本大震災の被災地では、大きく姿を変えたふるさとの復旧・復興に向かい、困難を克服したり、震災前からの課題を解決したりするさまざまな取り組みが続けられています。本連載では、昨年度「新しい東北」復興・創生顕彰を受賞された個人・団体の活動を紹介します。


 岩手県で若者が主体的に活動するためのネット―ワークづくりをサポートする「NPO法人wiz(ウィズ)」(以下、wiz)。就業体験プログラム「IWATE実践型インターンシップ」やクラウドファウンディング「いしわり」のほか、U・Iターン者の支援などの活動でアクションすることを岩手のスタンダードに。

 岩手県では、高校や大学卒業後に進学・就職のために県外へ転出する者が多い一方で、東日本大震災後は、故郷の復興支援のために地元に戻りたいと考える若者も増えている。

 しかし、U・Iターンを考えている者が復興のために行動を起こすとき、「方法が分からない」「誰に頼ればよいのか分からない」という気持ちは、せっかくの活動意欲の妨げになる。この不安を解決するには、誰がどのようなアイデアをもって、どのようなアプローチをしようとしているのか、地域の実情を知り、ネットワークを構築できる確かな”つなぎ役”が欠かせない存在となる。

 wizで代表理事/CEOを務める大船渡市三陸町越喜来(おきらい)出身の中野圭さん(31)は、早稲田大学を卒業後、会社員を経て森林保全を目的とした会社を起業後に東京で震災に遭った。しばらくは東京と大船渡を行き来する生活を続けていたが「地元に戻ってできることの方が多い」と、2011年9月にUターン。現場でのボランティアやNPO業界との関わりの中で、若手のネットワークづくりの大切さを痛感した。

 理事/COOを務める奥州市出身の黒沢惟人さん(31)は、岩手県の大学を卒業後に上京した。大学卒業後、東京の大手IT企業でシステムエンジニアとして活躍していた時に震災が起こり、被災地でボランティア活動をする中で「復興には長期的な仕組みづくりと運営が重要だ」と感じ、NPO法人ETIC.の右腕プログラムを通じてUターンした。黒沢さんは、岩手県沿岸部の復興事業の立ち上げ・運営などを進めながら、同世代のUターン者などとの交流を深めていく。

 2014年4月、中野さんと黒沢さんは震災後に県外からUターンした3人の仲間とともに「若者にとって岩手を将来の選択肢にする仕組み」を作るためwizを立ち上げた。自分たちは「都会にあこがれ、『岩手はつまらない』という思い込みを持つ若者だった」と中野さんは振り返る。

 しかし震災は、人生と価値観を変えるのに十分な出来事だった。「変えた」のではなく、自分でも気づかなかった故郷への想いが「呼び覚まされた」というべきだ。
 
 復興という答えのない問いに挑む同志が、岩手で出会ったのは運命のように思えた。多くの若者がつながりを持ち、ともに行動を起こすことで岩手を盛り上げたい。その方法を示し、きっかけを提供する仕組みをつくるために活動を始めた。
 
 中野さんは現在、wizの代表理事を務めながら家業の漁師を継ぎ、NPO法人いわて連携復興センターの理事としても活動中だ。

 黒沢さんはwizの専任理事となり、多岐に渡る活動を牽引している。

 wizのおもな活動は3つ、実践型「インターンシップのコーディネート」と、岩手に特化した「クラウドファンディングの運営」、地域おこし協力隊となる「U・Iターン者の支援」だ。

 この3つの活動のうち、「IWATE 実践型インターンシップ」は、学生には岩手をフィールドに成長する機会を、企業には事業推進や課題解決の機会を提供することが目的だ。

 多くの学生は、岩手の企業をよく知らないまま「やりたいことができない」と、岩手を離れてしまう。地域が抱える社会課題を解決したいという想いを持ち、奮起し続ける企業は岩手に数多く存在する。そういう企業・経営者と、学生をコーディネートして、「岩手ではできない」を「岩手ならできる」へ、若者の意識を変えていくことが狙いだ。
 
 インターンシップといえば、数日間の職場体験や採用活動の一環として行われるイメージが強いが、wizがコーディネートするインターンシップは違う。若者(特に大学生)が企業経営者のパートナーとして、企業の新規事業や課題解決方法をともに考え行動し、成果を出すためのプロジェクトだ。

 「企業のなかで学生が、経営者の思いを汲みながら、意思決定も含めてがむしゃらに取り組むことが重要」と、黒沢さん。期間は4~8 週間、成果が求められる現場にうまくマッチングさせるため、事前に面談を経て配属先が決定する。
 
 2017 年夏には、26 名の大学生と、県内の7 市町(紫波町、花巻市、矢巾町、釜石市、陸前高田市、大船渡市、住田町)の民間企業など14 社との間で、インターンシップをコーディネートした。

インターンシップの様子.JPG

インターンシップ参加者の様子.jpg(写真1、2)実践型インターンシップ参加者の様子


 インターンシップの最後に開催される「成果報告会」では、学生達によって企業の課題解決にどこまで貢献できたのか、プロジェクトの成果や企業にもたらした効果、自身がどのように成長したかなどの発表が行われた。学生達の発表後には受け入れた企業側も、学生の変化やインターンシップを実施したことによる影響などについて発表する。

 学生の真剣な姿勢と、受け入れ企業の本気度が伝わる成果報告会の会場は熱気を帯びていた。

釜石市内での実践型インターンシップ報告会.JPG(写真3)釜石市内での実践型インターンシップ報告会

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(29)】地域志向の「点」を集めて「カタマリ」にする
おすすめ 第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(後篇)
おすすめ 第9弾 被災地女川を起点に、日本そして世界中の地域の活性、発展、変革を目指す(後篇)