「親子で食育!三陸と福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!」その1

11月24日、連携支援制度を用いたイベント
「親子で食育!三陸と福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!」が、都内にて開催されました。


【イベント】親子で食育!三陸と福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!
【開催日時】2018年11月24日(土)12:00-14:00
【開催場所】東北酒場 トレジオンポート(東京都 港区赤坂3-12-18第8荒井ビル2F)


本イベントは、東日本大震災後に岩手県・宮城県などで水産業を担うリーダーたちが中心に立ち上げられた団体、『フィッシャーマンズ・リーグ』が主催で開催されました。


フィッシャーマンズ・リーグは、世界三大漁場の1つとして知られる、三陸の豊かな食材を知ってもらうために活動しています。
今回は、実際に三陸で作られている「藻塩」を使ったお塩づくり体験をしました。


時間と手間暇をかけて作られる藻塩ですが、生産者である赤間氏が考案した、30分程度で作れる藻塩づくりを体験。
海水と藻から塩が取れる様子に、参加していたご家族から驚きの声が寄せられました。


作った藻塩は、三陸が誇るブランドサバ『金華サバ』にぬって塩焼きに。他にはぎばさ、茎わかめ、昆布を使った佃煮と、宮城県東松島市の漁師、相沢太さんによる海苔と福島県のGI認証を受けた、カトウファーム『天のつぶ』とを合わせておにぎりに使いました。


そのほかにも、金華サバのシメサバ、福島県相馬市の大野村農園代表、菊地将兵さんが丹念に育てた新鮮な野菜たち。
そしてフィッシャーマンズ・リーグのメンバーでもある、宮城県気仙沼市の漁師・畠山政也さんの獲った『唐桑もまれ牡蠣』を持ち寄り、豪華な定食にしていただきました。


ミネラルが豊富な藻塩の味、新鮮な食材の旨味を囲った食卓で、和やかなイベントとなりました。
本イベントの主催者の方々には、別途インタビューをいたしました。


関連記事
おすすめ Fw:東北Weekly[特別編]「南三陸をつなげる30人」~個々の活動の可視化によるまちのブランド化と担い手育成~
おすすめ Fw:東北Weekly[特別編]「関係人口×◯◯で考える三陸の未来」〜復興を通じて生まれた関わりあいを深めるには〜
おすすめ Fw:東北Weekly[特別編]「ふくしまキャリア探求ゼミ~ふくしま新しい働き方・チャレンジの仕方について知ろう」を開催