第5弾 風評被害をはね返す「高校生が伝えるふくしま食べる通信」(前篇)

 東日本大震災の被災地では、大きく姿を変えたふるさとの復旧・復興に向かい、困難を克服したり、震災前からの課題を解決したりするさまざまな取り組みが続けられています。本連載では、昨年度「新しい東北」復興・創生顕彰を受賞された個人・団体の活動を紹介します。


 東日本大震災の被災地、福島の高校生が始めた「高校生が伝えるふくしま食べる通信」(こうふく通信)には、「福島の生産者の想いを届けたい」という高校生たちの熱い気持ちが込められている。 

(写真1)「こうふく通信」編集部の高校生たち(2018年1月).jpg(写真1)「こうふく通信」編集部の高校生たち(2018年1月)

 「こうふく通信」には前奏曲がある。そもそものきっかけを作ったのは、2012年に南相馬市で発足した一般社団法人「あすびと福島」だ。震災直後、自らの地元である南相馬に生活物資を届けるボランティア活動をしていた元東京電力執行役員、半谷栄寿さん(64)は、原子力事故への責任と地元への想いから、「福島の復興を担う人材が育つ場を創る」との志を抱いた。
 
 この「あすびと福島」が2014年5月から開始した高校生対象の「あすびと塾」に、後に「こうふく通信」のキーパーソンになる安積高校2年(当時)の菅野智香さん(20)が参加した。福島産の作物などに向けられる風評被害が気になっていた菅野さんは、「あすびと塾」での意見交換などを通じ、この問題をさらに考えた。8月の「あすびと塾」で菅野さんはこう発表した。「県外から『福島は危ない』といわれている。大好きな福島が誤解されて悔しい。福島の想いを届けたい」。これが「こうふく通信」の出発点になった。 

写真2初代編集長の菅野智香さんと「あすびと福島」代表理事の半谷栄寿さん.jpg(写真2)初代編集長の菅野智香さんと「あすびと福島」代表理事の半谷栄寿さん


 「風評被害を払拭するにはどうしたらいいか」。いろいろなアイデアが出た。「東京にアンテナショップをオープンさせる」「首都圏向けに農産物を宅配する」「高校生が農産物の売り役になる」……。そんな折に知ったのが岩手県花巻市を本拠にする「東北食べる通信」だった。「生産した人の想いを発信する情報誌とその想いがこもった農産物をあわせて全国の読者に届ける」事業だ。

 菅野さんはこの手法が自分の想いと重なった。「これなら想いが実現できる」「『高校生が伝えるふくしま食べる通信』をやりたい」と決意した。

 「こうふく通信」は、福島の生産者の想いを高校生たちが取材して記事にした情報誌と福島産の1次産品や加工品を一緒にして全国の読者に届ける社会的取り組みだが、これに込められている目的は二つ。

 一つは菅野さんの「悔しい」発言に象徴される風評被害を払拭することだ。福島県産品が安全で安心であることを広く知ってもらうことである。もう一つは、編集部の高校生たちの成長だ。「あすびと福島」が目指す「復興を担う人材育成の場」である。この二つの目的に向かって、「こうふく通信」編集部が正式にスタートしたのは、2015年1月のことだった。

 創刊へ走り始めた編集部は5人だった。編集長は「言いだしっぺ」である菅野さんが務めた。創刊号で取り上げるのは郡山市の鈴木清美さんのジャンボなめこに対する想い。鈴木さんを特集した情報誌と通常の2倍もあるなめこをセットにして読者に送ることにした。年4回の発行を継続するため、購読料は1回2500円をいただくことも決めた。

 今、振り返れば、笑い話のようなエピソードが残る。「普段読むような雑誌作りをする」と決めたが、誰も「普段読む雑誌」などない。今時の高校生は雑誌は読まずに、情報はネットで集めているのだった。鈴木さんのところに取材に行くと、話の面白さのあまりメモを取るのを忘れていた……。そんな試行錯誤を繰り返しながら、高校生たちは原稿を仕上げていった。

 「こうふく通信」の事務局長として高校生編集部を支える「あすびと福島」の椎根里奈さん(38)の要求は厳しかった。「『こうふく通信』の社会的な意義を継続していくためには、読み物として価値のあるものにしていくことが不可欠。農産物は生産者さんが自信を持って送り出す。情報誌の方も購読料に相応しいものにしなくてはならない」。高校生が編集する情報誌にも代金に見合うレベルが必要なのだ。高校生が書く原稿は赤ペンで修正されたり、編集部員には書き直しが求められる。元原稿がほとんど姿をとどめていないこともあった。

写真3「こうふく通信」事務局長の椎根里奈さん.JPG(写真3)「こうふく通信」事務局長の椎根里奈さん


 七転び八起き、2015年4月末に創刊号(18㌻)が陽の目を見た。全国の読者200人にジャンボなめことともに届けた。菅野さんら編集部は達成感を味わうと同時に、自分たちの未熟さも思い知らされた。この「悔しさ」は前進するための力になった。「次号こそ」という意欲を生んだ。高校生たちは、こうして成長している。

 第2号以降で取り上げた生産者の想いがこもった食材は、きゅうり、ヤーコン、大豆、アスパラ、鯉、梨、シャモ、小女子(こうなご)、トマト、蕎麦。創刊から2年半、発行は第11号を数え、読者も700人を超えた。「こうふく通信」の高校生編集部員は、4つの高校にまたがり、5つの学年にわたっている。「こうふく通信」は、現場の取材に基づく生産者の想い、生産者の安全・安心への努力、食べてくれる人の健康を願う生産者の心遣いなどについて、高校生たちが積み上げてきた、まだ小さいながら想いがこもるストーリーになっている。

写真4.JPG

(写真4)高校生が伝えるふくしま食べる通信(こうふく通信)

 
 その中で、高校生たち自身も確実に成長の度合いを増している。川俣町のシャモにかける斎藤正博さんの想いを取り上げた第8号。編集長の高野紗月さん[(18)当時、福島高校2年]が「どうしても取材したい」と事前の編集会議で自ら言い出した。取材交渉は事務局が行うのが通例だが、高野さんが直接、斎藤さんと交渉して取材を了解してもらった。高校生の熱意が実ったのだ。そして、高野さんの描いた斎藤さんの想いは、ほぼ原文のままだった。

写真4.jpg

(写真5)取材の様子

関連記事
おすすめ みちのくみっけ Vol.5 南相馬編 1日目
おすすめ 第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(後篇)
おすすめ 第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(前篇)