【Beyond 2020(12)】夢と現実の狭間に立つ若手漁師の今とブレない覚悟

東北復興新聞


漁業生産組合・浜人/漁師 阿部勝太

漁業生産組合・浜人/漁師 阿部勝太氏


1986年、宮城県石巻市に漁師の息子として生まれる。地元の高校卒業後、「一度外の世界を見たい」と仙台や東京で5年間生活。その後、故郷の同市北上町の十三浜に戻り、ワカメ漁師になる。東日本大震災後、壊滅的な被害を受けた漁業と地域の再生に奮起。5つの家族とともに漁業生産組合・浜人(はまんと)を立ち上げ、カフェ運営などを手がけるカフェカンパニーや食品宅配大手のオイシックスらが設立した一般社団法人東の食の会や、ヤフーなど大手企業と組んで商品開発やプロモーションなどを積極的に展開。また、三陸の若手漁師らと協力して一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンを設立、代表に就任。漁業を「儲かる産業」へとイメージを変え、後継者を育成しようと斬新なプロジェクトを数々打ち立てている。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

通販、商品開発、シェアハウス。挑戦の6年間

あの日から、とにかくあらゆることが変わり過ぎた。家や友人と遊んでいた場所から、漁港や船、資材などまですべて津波で流され、浜や地域の景色は変わり果てた。そんな絶望の中で、自分自身や家族、友人のため、さらに大きく言えば浜や東北のために僕にできること。それは、漁業の再建しかない。そう胸に誓ったことを思い出す。


(2017年11月20日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 第7弾 カッコよく、稼げて、革新的な漁業を目指す(後篇)
おすすめ 第7弾 カッコよく、稼げて、革新的な漁業を目指す(前篇)
おすすめ 【Beyond 2020(20)】漁業に惚れたヤフー社員は「当事者」になれない葛藤の先に何を見るのか