【Beyond 2020(11)】歴史上どこにもなかった”住民ゼロ”の町で、予測不能な未来を切り拓く

東北復興新聞


株式会社小高ワーカーズベース 代表取締役 和田智行

株式会社小高ワーカーズベース 代表取締役 和田智行氏


福島県南相馬市小高区生まれ。2005年、東京のITベンチャーの役員を務めながらUターンし、自宅と東京を行き来する生活を送る。東日本大震災と福島第一原発事故により自宅が警戒区域に指定されると、家族とともに強制避難し、避難先を転々とする。2014年2月、「地域の100の課題から100のビジネスを創出する」をミッションに株式会社小高ワーカーズベースを創業。同年4月、コワーキングスペース「小高ワーカーズベース」を開設。その後、食堂「おだかのひるごはん」や仮設スーパー「東町エンガワ商店」、ガラスアクセサリー工房「HARIOランプワークファクトリー小高」をオープンするなど、数々の事業を立ち上げてきた。2016年7月の避難指示解除を受け、2017年3月に妻と2人の子どもとともに6年ぶりに帰還。「ふくしまベンチャーアワード2015」特別賞、2016年度復興庁「新しい東北」復興・創生顕彰 団体部門を受賞。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

大多数の反対側に真実はある

震災を境に、社会における価値観の物差しが大きく変わった。日本は戦後の復興や高度経済成長を経て、豊かな社会に生まれ変わった。ただいつしか、誰かに”与えられた”モノやサービスを楽しむ暮らしが当たり前になってしまった。人に与えられたモノはどこか得体が知れなくて、儚い。そこにしがみついていても、裏切られるかもしれない。すっと手からこぼれ落ちてしまうかもしれない。来年には、全く価値がなくなっているかもしれない。僕らはあの震災で、そういうことを目の当たりにした。だからこそ、自ら”つくり出す”ことに価値や魅力を見出そうという人が増えているように見える。


(2017年10月31日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 「第3弾 被災地の課題からビジネスを生む」(後篇)
おすすめ 「第3弾 被災地の課題からビジネスを生む」(前篇)
おすすめ みちのくみっけ Vol.5 南相馬編 1日目