新しい東北

「新しい東北」
官民連携推進協議会

スマートフォングローバルメニュー
キービジュアル キービジュアル

あなたの取組も記事に掲載するチャンスをつかみませんか!?

特集記事

「そもそもこの事業は、車の貸し出し自体ではなく、支え合う地域づくりを応援することだ。」代表の吉澤さんは、そう強調する。地域グループで車をシェアする仕組みをつくり、それを「コミュニティ・カーシェアリング」と名づけたのは、そうした思いからだ。...
東北のほとんどの地域では、日常生活の中で車は欠かせない移動手段だ。各家庭に1台あるのは当然のこと、家族それぞれが自分の車を持っていることも多い。東日本大震災で大きな被害を受けた際、一切の家財道具を失った人が最初に買い戻したいと思ったものの...
毎年300人ほどが参加する◯◯会議だが、それでもまだ学生や女性の参加率に物足りなさを感じていた。また、毎年4回ほど開催していた会議に「途中からだと参加しづらい」といった意見があることもわかってきた。 ...
「◯◯」には、参加者一人ひとりの「釜石で◯◯をやってみたい」という願望や思いを当てはめる。そんな意味を込めた。会議では参加者それぞれが釜石で実現させたいことを発表し合い、それに共感した人たちでチームを結成。 ...
2014年4月に立ち上げた「訪問看護ステーションなごみ」。「つくる会」の主な収益を担っているのが、この訪問看護事業だ。訪問看護に携わる看護師や作業療法士など専門知識・技能を持つスタッフは、「深刻な精神科医療の問題を抱えた地元の住民の役に立...
震災と原発事故から7年半が過ぎ、かつて避難指示が発令された福島県沿岸部の地域の中には、避難指示が解除され、徐々に住民の帰還が進んでいる場所もある。だが、仮に故郷に戻れても生活再建への道のりは多難だ。 ...

「新しい東北」特集記事一覧ページへ

動画コンテンツ

×
おすすめ
東北との二拠点居住や副業のあり方!
おすすめ
陸前高田市発!地域を学校に見立てた超実践型まちづくりスクール
おすすめ
気仙沼発!若者が稼ぐ課題解決型の仕事づくり

「新しい東北」Youtubeチャンネルへ

「新しい東北」官民連携推進協議会ポータルサイトについて

「新しい東北」官民連携推進協議会ポータルサイト

PAGE TOP

©2015「新しい東北」官民連携推進協議会. AllRightReserved.