【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業

東北復興新聞


白石ファーム 白石長利

白石ファーム 白石長利氏


福島県いわき市でキャベツやブロッコリー、ねぎ、人参などの野菜を中心に栽培。8代続く農家の長男として生まれ育つ。農業高校、農業大学を経て21歳のときに家業を継ぐ。農薬と化学肥料を使わない自然農法を導入。東日本大震災後、いわき市内の料理人や生産者などと一般社団法人いわき6次化協議会を設立し(一般社団法人F’s Kitchenに改編)、加工品の開発や各種イベントに出展するなど、食を通じたコミュニティづくりや消費者との交流を進めている。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

あれは不思議な現象だった

俺が8代続く小さな農園を継いだのは2003年、21歳のときだった。伝統を引き継ぎつつ、俺の代で新しい農業のスタイルをつくりたい。そう思い、農業高校・大学時代から学んできた無農薬・無化学肥料の自然農法を導入した。正直言って、当時は今ほど頑張らなくても、野菜はそれなりに売れ、それなりに稼げた。


(2018年3月20日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと
おすすめ 【Beyond 2020(37)】グーグルと震災7年。テクノロジーの先にあること