【Beyond 2020(37)】グーグルと震災7年。テクノロジーの先にあること

東北復興新聞


グーグル合同会社 Google Earth Outreach プログラムマネージャー 松岡朝美

グーグル合同会社 Google Earth Outreach プログラムマネージャー 松岡朝美氏


1981年、熊本県生まれ。東京大学卒業。グーグル入社後はストリートビューの撮影などを担当し、2012年秋から東日本大震災の復興支援チームに参画。以降、マッチングプラットフォーム「イノベーション東北」や、自治体や企業、NPOなどの災害復旧・復興支援の知見を集積したWEBサイト「未来への学び」をはじめとする各種プロジェクトを統括。現在は、NPOや教育関係者、研究者などを対象にGoogleのマッピングツールを紹介する「Google Earth Outreach」にも従事している。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

2400の新しい出会いが生まれた

「一緒に東北でやらないか」。2012年秋、上司から突然かかってきた電話。当時、私はストリートビューの撮影で西日本エリアを担当していた。私で大丈夫だろうか。正直、戸惑いもあったが、少しでも役に立てることがあれば。そんな思いで、復興支援のチームに加わった。月の半分を東北の現場で過ごす激動の日々は、そうして始まった。


(2018年3月17日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 第8弾 IT時代の語り継ぎ 「未来への学び」(後篇)
おすすめ 第8弾 IT時代の語り継ぎ 「未来への学び」(前篇)
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化