【Beyond 2020(36)】”女性起業家”と言われた7年。悩んだ末に見つけた道

東北復興新聞


株式会社WATALIS 代表取締役 引地恵

株式会社WATALIS 代表取締役 引地恵氏


1968年、宮城県亘理町生まれ。宮城教育大学大学院卒。大日本印刷、亘理町役場(学芸員)に勤務。東日本大震災後、亘理の女性たちの間で伝承されてきた巾着袋づくりを開始、巾着袋「FUGURO」の販売事業を始める。2013年4月、一般社団法人WATALIS(ワタリス)を設立。2015年5月、株式会社WATALISに事業を移管。直営店や通信販売、宮城県の百貨店などで販売。社団法人では手仕事ワークショップなどを開催している。各種ビジネスコンテストの受賞歴も多数。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

7年で見えてきた課題の複雑性

早いもので、あれからもう7年。家がないときは仮設住宅を急いでつくって、次に完成したのは復興住宅。今度はまたゼロから住民コミュニティを立て直す。課題が次々と消えては現れる。果てしない課題との対話は、これからも長く続くのだろう。


(2018年3月15日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと