【Beyond 2020(32)】復興の先へ。地域の未来を共に育むキリンの挑戦

東北復興新聞


キリン株式会社 CSV戦略部絆づくり推進室 地域創生担当専任部長 野田哲也

キリン株式会社 CSV戦略部絆づくり推進室 地域創生担当専任部長 野田哲也氏


名古屋市出身。1982年キリンビール入社。2011年7月に発足した「復興応援 キリン絆プロジェクト」を担当。CSV推進部絆プロジェクトリーダーなどを経て、2017年4月から現職。同プロジェクトは3年間で約60億円を拠出。特に本業との関連が深い農業と水産業では、岩手・宮城・福島各県のプロジェクトに助成。東北での活動経験を生かし、七尾市や長岡市、佐世保市などで「食」を軸にしたまちづくり・地域活性化も推進している。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

90件を超える農業・水産業プロジェクト

東北は、キリンにとって最大の勉強の場所だ。現地の人たちからよく「ありがとう」と感謝されるが、震災復興の活動で一番勉強させてもらっているのは、間違いなくキリンだ。そう断言できる。この経験がなければ、私たちは「食」を支える一次産業の実態をこれほど知ることはなかっただろうし、キリンの存在意義を真正面から捉え直すこともなかっただろう。


(2018年3月8日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと