【Beyond 2020(31)】ap bankはなぜ東北へ行くのか。51日間に及んだ芸術祭を終えて

東北復興新聞


一般社団法人APバンク / kurkku alternative 代表取締役社長 江良慶介

一般社団法人APバンク / kurkku alternative 代表取締役社長 江良慶介氏


1999年、慶應義塾大学を卒業。外資系IT企業に勤務後、2005年に一般社団法人APバンク(以下、ap bank)がコンセプトプロデュースするkurkku(クルック)に入社。2007年、インドで農薬被害に苦しむコットン農家のオーガニック農法への移行を支援する「プレオーガニックコットンプログラム(POC)」を伊藤忠商事と共同で立ち上げる。東日本大震災後は、津波被害で稲作ができなくなった農地にコットンを植え、雇用創出と地域再生を目指す「東北コットンプロジェクト」を発足させ、事務局代表を務める。ap bankの復興支援担当も兼務し、義援金の募集やボランティアの派遣、各種イベントの企画・運営などに携わる。2014年、コットン事業を分社化して設立したkurkku alternative(クルック オルタナティヴ)の代表取締役社長に就任。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

弱肉強食の資本主義を別の角度から眺める

巨大な揺れが大地を襲い、津波が町を飲み込んでいく。まるでフィクションのような現実が降りかかったあの日。自然の脅威を目の当たりにした僕らは、今までの価値観を地中の奥底から揺さぶられた。そして、日本中の人たちが大なり小なりこう考えたはずだ。「自分は今、どこに立っているのか」「自分にとって大切なものは、何だろうか」と。


(2018年3月6日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと