【Beyond 2020(27)】リクルート社員が人生を変えた、気仙沼出向1400日の物語

東北復興新聞


一般社団法人気仙沼地域戦略 理事/リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター 研究員 森成人

一般社団法人気仙沼地域戦略 理事/リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター 研究員 森成人氏


大阪市出身、関西大学卒業後の1999年にリクルートに入社。ケイコとマナブ事業部、ポンパレ推進部を経て、2013年4月から経済同友会を通じて宮城県気仙沼市へ出向。東日本大震災後に観光を主要産業に育てる方針を掲げた同市で、地元事業者らで結成された一般社団法人リアス観光創造プラットフォームに所属し、観光振興に取り組む。同友会傘下の企業で構成する「東北未来創造イニシアティブ」が次世代のリーダー・経営者を育てるために開いた「人材育成道場」にも参画、多方面で同市の復興・地域活性に携わる。2017年3月までの4年間にわたる出向生活を書き綴ったブログ「気仙沼出向生活」が市内外で話題に。2017年3月からは、観光振興を目的に新設された観光庁DMO候補法人・一般社団法人気仙沼地域戦略の理事を勤める。本業ではリクルートライフスタイルのじゃらんリサーチセンター(JRC)に所属し、研究員・アドバイザーとして全国各地の地域活性に取り組んでいる。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

仮設住宅の畑作業から、すべてが変わった

木々が生い茂る山奥に、薄い壁を隔てただけの簡素な仮設住宅。2013年4月、僕は丸の内のビジネスマンとして「復興支援」の任務を背負い、見ず知らずの町・気仙沼へ送り込まれた。大阪と東京しか知らず、地域活性なんて右も左もわからない僕にできることは、何だろうか。現地で生活しながら、地元の役に立つ事業をつくる。でも最初の半年ほどは、仕事らしい仕事なんてほとんどなかった。役に立つどころか、仮設住宅では集団生活にうまく溶け込めず怒られてばかりで、ぶっちゃけ言えばただの足手まとい。すごくつらかった。


(2018年2月13日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと