【Beyond 2020(24)】あれから7年。カタリバが今、考えていること

東北復興新聞


認定NPO法人カタリバ 代表理事 今村久美

認定NPO法人カタリバ 代表理事 今村久美氏


1979年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学在学中の2001年に任意団体NPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始、2006年に法人格を取得。東日本大震災後は、被災した子どもたちに学習の場と心のケアを提供する放課後学校「コラボ・スクール」を運営、2011年7月に宮城県女川町で「女川向学館」、12月に岩手県大槌町で「大槌臨学舎」を開設。2016年6月からは熊本地震の被災地・益城町でも「ましき夢創塾」を運営、さらに2017年6月には、震災後に設立された中高一貫の福島県立ふたば未来学園(福島県広野町)にも「双葉みらいラボ」を開設。他に、東京都文京区で中高生向けの複合施設「b-lab(ビーラボ)」、島根県雲南市で中高生のキャリア教育や不登校支援を行う「おんせんキャンパス」、東京都足立区で困難を抱える子どもたちのための施設「アダチベース」を行政の委託事業で展開している。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

子どもの第3の居場所となった「コラボ・スクール」

ビールとワインの空瓶が部屋中に転がり、テーブルの上にはタバコの灰が散らばっている。あれは、震災後1年のとき、私たちが現地で自らの支援がニーズに即しているか、課題解決となっているかを検証するために家庭訪問をしていた。そこで目に飛び込んできた光景が、どうしても忘れられない。


(2018年1月31日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(26)】元外務官僚が描く、原発と復興の先の”アップデートされた日本社会”
おすすめ 【Beyond 2020(25)】同調圧力の社会からはみ出すオルナタティブな東北、若者を
おすすめ 【Beyond 2020(23)】「震災前」の壁が決壊するとき。起業家支援20年でとらえた到達点