【Beyond 2020(22)】被災地から切り拓く「介護×障害者就労」の共生型モデル

東北復興新聞


愛さんさん宅食/ビレッジ株式会社 代表取締役 小尾勝吉

愛さんさん宅食/ビレッジ株式会社 代表取締役 小尾勝吉氏


神奈川県川崎市出身。大学卒業後、東京のベンチャー企業に就職、千葉・茨城・埼玉県で失業者向け職業訓練校を6校運営する組織の立ち上げに従事。東日本大震災後はボランティアで現地へ。2012年4月からETIC.の右腕プログラムで一般社団法人MAKOTOに所属し、被災地域の経営者や起業支援に携わる。その中で、人口減少や少子高齢化など社会課題の深刻さを痛感。会社を辞めて宮城県塩釜市に移住し、2013年に要介護高齢者向け配食サービス「愛さんさん宅食」を創業。2017年2月には、石巻市で有料老人ホームと訪問介護事業を展開する「愛さんさんビレッジ」を開業。同時に、「福祉人財養成学院 石巻教室」を開設し、障害や難病を抱える人を対象に介護職員研修を実施。高齢者・要介護者のケアと障害者の就労支援ビジネスに取り組んでいる。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

「他人軸」から抜け出し「自分軸」を探す勇気をもった

社会の「振り子」が戻り始めた。震災後の変化を一言で言うならこういうことだろうか。これまでの価値観が大きく揺さぶられ、生きる意味を見つめ直す種火のようなものが、個々の心の中で燃え出した。それは、行き過ぎた資本主義に対する「本当にこのままでいいのか?」という警告と揺り戻しだったのではないか。


(2018年1月24日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ 【Beyond 2020(40)】震災ツーリズムが生んだ「to be」への社会変化
おすすめ 【Beyond 2020(39)】”俺たちの世代”で切り拓く福島の新しい農業
おすすめ 【Beyond 2020(38)】復興を越えて、ソーシャルビジネスに今必要なこと