第6弾 全村避難からの再生を目指す川内村の魅力を、全国に発信する(前篇)

 東日本大震災の被災地では、大きく姿を変えたふるさとの復旧・復興に向かい、困難を克服したり、震災前からの課題を解決したりするさまざまな取り組みが続けられています。本連載では、昨年度「新しい東北」復興・創生顕彰を受賞された個人・団体の活動を紹介します。


 福島第一原発の事故で全村避難を余儀なくされた福島県川内村。一時は人口ゼロとなった村には、避難解除後の今も震災前の賑わいは戻っていない。ふるさとを活性化するために、自分に何ができるのか。高校卒業後村を離れ、震災を機に約20年ぶりに帰村した渡辺正さんは、様々な困難に遭遇しつつ、少しずつアイデアを形にしていく。

 福島第一原発の事故で全村が避難指示区域となった川内村は、全村民が避難を余儀なくされた。その後2012年以降、少しずつ避難指示が解除され、2016年6月には全域解除となった。震災前には約3000人いた川内村だが、村で生活しているのは、2200人程度だ。

 そんな川内村の活性化に日々奮闘しているのが、渡辺正さん=写真1=である。川内村で生まれ育ち、進学を機に仙台で暮らし始めた渡辺さんは、卒業後も仙台に留まった。震災に遭遇したのは、その後仙台近郊の大川原町に居を移してから。村を離れてから、すでに20年近くが経っていた。

写真1(日々奮闘する)渡辺正さん.JPG(写真1)日々奮闘する渡辺正さん


 「それまでは、いつでも帰れると思ってました。でもその故郷が、もしかしたらなくなってしまうかもしれないという状況になった。その時、このままにしたくないという思いが湧いてきたんですね」。

 郡山駅前の喫茶店で待ち合わせた渡辺さんは、東京出張から昼過ぎに帰ったばかり。しかし着いてすぐに地元の人たちと新たな事業展開の打ち合わせに入り=写真2=、2時間ほどしてようやく身体が空いたところだった。

写真2川内村特産品の全国展開に向けて.JPG(写真2)川内村特産品の全国展開に向けて


 と書くと、さぞ精力的に動き回るビジネスマンタイプを想像するかもしれない。しかし実際にお会いした渡辺さんは朴訥な雰囲気の紳士で、柔らかな福島訛りがいっそう人柄を丸く感じさせる。待ち合わせに遅れたことをしきりに詫びる渡辺さんに、勝手に押しかけて来たこちらは逆に恐縮してしまった。とはいえ、渡辺さんの紡ぐ言葉は重い。

 「震災後、いろんな人たちが村のために取り組んでくれました。川内村とは縁もゆかりもないのに、復興のためにと一生懸命やってくれた。その姿を見て、申しわけないと思うと同時に、悔しい部分もあったんですね。今後、復興していく中で、自分の知らない村ができてしまうんじゃないか。故郷じゃない村ができてしまうという感覚といいますか。だったら自分が帰って、自分の好きな故郷を再生させたいというか。もちろん復興に携わってくれてる方々には、今もすごく感謝してます。でもそこに自分も関わりたいと思ったんです。村で話を聴くと、地元の人間はむしろ消極的だという。なるようにしかならないと。放射能というわけのわからないものに対する恐怖もありましたしね」。

 震災の約一年後、2012年5月に渡辺さんは村に戻った。それまで大河原町で開講していたパソコン教室は、いっしょに立ち上げた先輩に譲っての帰村だった。実は渡辺さんの奥さんと二人の子供は、震災当時は村に住んでいた。

 「両親の面倒も見なきゃと一回家族で帰ったんですが、村に仕事がない。それで単身で仙台に出て、旅行会社のかたわらパソコン教室を始めてからもその状態が続いたわけです」。震災直後、家族は郡山市のビッグパレットふくしまに避難し、渡辺さんも合流する。パソコン教室の生徒さんたちから、「ご家族でこっちに移ってきたら」と言ってもらったりした渡辺さんは、彼らからも慕われていたのだろう。しかし年老いた両親を、新しい土地に連れて行くのはむずかしいと断念した。

 「両親は村で長く、小さな商店をやってました。ガス屋だったり雑貨屋だったり。家族でビッグパレットに避難しても、やっぱり地元の人といっしょにいたがった」。なので、解除になったらすぐに村に戻るはずだったが、渡辺さんの下の娘さんはダウン症で、村には支援学級がない。そのため引き続き郡山の借り上げ住宅に住み、渡辺さんだけが川内村の実家に戻った。逆単身である。

 「そうなんです。いつも単身赴任」と、渡辺さんは、苦笑する。それが今年の春、ようやく家族が合流した。長男は大学に進み、娘さんは車で1時間ほどかかる田村市の支援学校に通う。田村市で働く奥さんが、毎朝送って行く。さらに避難中に脳梗塞で倒れた父親の介護もしなければならない。


 「ちょっと認知症気味なんですね。川内村にやっと帰ったのに、『そろそろ帰ろう』なんて言う。父親の「帰ろう」は、郡山になっちゃってる。便利だし、向こうの方がいいんでしょう。相談したいことがいっぱいあるのに、それもできない。息子としては寂しいですね」。

 そんな中でも、渡辺さんは毎日忙しく飛び回っている。いただいた名刺の裏には、様々な肩書きが記されていた。主な業務は、震災後に村役場や商工会が中心になって立ち上げたショッピングセンター「YO-TASHI」=写真3、4=の施設長である。ここには現在、コンビニと薬局、クリーニング屋さんが入っている。当初はそれ以外にも村の既存の商店に入ってもらうつもりだったが、その話は立ち消えになってしまったと渡辺さんは言う。

写真3「YO-TASHI」の外観.JPG(写真3)「YO-TASHI」の外観

写真4「YO-TASHI」の店内.JPG(写真4)「YO-TASHI」の店内


 「というのも地元の商店主たちは高齢者が多くて、跡継ぎがいても村に帰ってない。これでは店が続かないわけです。一方でちゃんと店を回してる人たちも、自由にというか、勝手にやりたいんですね。ショッピングセンターに入ってしまうと、勝手に休めない。商工会からは、社員にします、給料払いますと言ってきたんですね。給料制の方が生活も安定するだろうと。でもその思惑も全部外れました。休みたい時に休むし、開けたい時に開けると(笑)。村の運営の仕方と、全然マッチしてなかった。村や商工会は、よかれと思ってやってるんですが、マッチしない。村の商店を潰すために、ショッピングセンターを作るんだと思う人もいたぐらいで」。

 ここまでやって来た渡辺さんは、「結局は、行政中心の村作りなのか」と感じたこともあったが「急を要する案件でもあり、役所の立場に立てば少しずつでも段階的に進めていくほかない」と前を向く。

 「民間で仕事してると、営業して仕事を取るのが当然じゃないですか。でも村とか過疎地のシステムは違うんですよ。一番お金を持ってるのは、行政なんです。それが村民に助成金を与える。でも最初に戻って来た時は、それもわかってなかったですね。被災地になったから助成金が出るのかと思ってたら、それ以前から国や県や村から助成金が出てた。すごくぬるま湯なんですよ」。

 現在も、助成金は何らかの形で出続けているという。たとえば村に道路を造る。民間の感覚だと不採算な道路だが、行政からすれば地元の人のためであり、地元の建設業者も潤う。
 
 「そういう歴史があるから、自分がやらなくても県や村が何とかしてくれる。村民の意識は、震災後の今もそうなんだなと痛感しました」。

 人口減少、高齢化、若者の流出、過疎化という、全国どこの地方でも起きている問題に、川内村も直面していた。それが川内村の場合、震災でさらに加速したということだ。

 「一方で村の魅力を発信しようとすると、住んでるみんなが村を好きなことが伝わってくる。なのにそれに、取り組まない。私も止めようと思ったぐらいだし、村の本当の魅力に気付いてなかったですね。今も十分には、わかってないかもしれない」。

 戦前の川内村は林業で栄え、中でも木炭は全国一の生産量を誇った。村有林からの利益で潤った村は、昭和初期に住民税を廃止。「無税川内村」の名前が全国に知れ渡るほどだったという。戦後、木炭や材木の価格が低迷し、村の基幹産業は衰退して行く。川内村の歴史を知って、わざわざ炭焼きを復活させようと、住みついた人もいるという。しかし放射性物質が焼いた灰に残るため、売り物にはならない。

 「木炭はすごく需要があると思うんですけどね。家を新築する際に、下に木炭を敷き詰めるとか。わざわざそう言って買いに来てくれた人もいるぐらいで」と、渡辺さんは残念がる。
 
 「歴史的に川内村は、国のエネルギー拠点だったんです。かつては木炭生産で貢献していたし、今は原発がすぐ近くですし。林業のあと人々は農業に移りました。ただ収入は非常に低いです」。

 「山はすっかり荒廃してしまったし、そもそも山なんて日本中どこにでもあるじゃないですか」という渡辺さん。しかし東京から来た私には、遠くに望む穏やかな山並みは非常に美しいものに感じた。ちょうど紅葉真っ盛りだったこともあるが、すぐにでも駆け出したい衝動に駆られたほどだ=写真5=。

写真4川内村の美しい紅葉.jpg(写真5)川内村の美しい紅葉
 

 そんな子供じみた感想を言うと、渡辺さんは「実は2018年4月に3年目になるマラソン大会をやってるんですよ」という。名称は、「川内の郷(さと)かえるマラソン」。村にある平伏沼(へぶすぬま)=写真6=はモリアオガエルの生息地として国の天然記念物に指定されている。それが名前の由来となったこの大会には、第1回の2016年から欠かさず、公務員ランナーとして著名な川内優輝さんがゲスト参加している。同じ川内という名前から、快諾してくれたのだった。

写真5平伏沼(へぶすぬま).jpg(写真6)平伏沼(へぶすぬま) 


「田園風景を走るっていうのがすごく良くて、皆さん喜んでくださってます。普段都会で走ってる人たちにとっては、田舎の風景が新鮮みたいなんですよね」。

 まさにその通りなのである。そしてマラソン大会を一つのきっかけとして、地元の人たちと繋がりができる。そうすれば、村はその人にとって特別な存在となる。

 「川内村なんてどこにでもある村だし、その風景が誇れるものだとは私にはどうしても思えなかった。ただ私がどうしても帰ろうと思った理由の一つは、ふるさとだったからなんですよ。自分の生まれ育ったところだから、失いたくなかった。川内村はどこにでもある村かもしれないけど、実際に来てもらって、村の人たちと触れ合ってもらう。それで少しでも、第二の故郷みたいに思ってくれれば。それが少しでもできれば、今の川内村の形を崩さずに、変に近代化しないで、発展できるのかなあと」。
 
 そのために渡辺さんは実に様々な活動を行い、多くのアイデアを実行に移そうとしている。

関連記事
おすすめ 第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(後篇)
おすすめ 第10弾 若者のチカラをつないで岩手を盛り上げる(前篇)
おすすめ 第9弾 被災地女川を起点に、日本そして世界中の地域の活性、発展、変革を目指す(後篇)