第7弾 カッコよく、稼げて、革新的な漁業を目指す(前篇)

 東日本大震災の被災地では、大きく姿を変えたふるさとの復旧・復興に向かい、困難を克服したり、震災前からの課題を解決したりするさまざまな取り組みが続けられています。本連載では、昨年度「新しい東北」復興・創生顕彰を受賞された個人・団体の活動を紹介します。


 全国32万人の就労人口が20年で17万人まで減った水産業。東日本大震災が追い打ちをかけるなか、宮城県石巻市にあるフィッシャーマン・ジャパンは「担い手育成事業」と「水産物販売事業」を2本柱に、復興を超えた革新的な産業構築へ挑戦を続けている。

 フィッシャーマン・ジャパンは、宮城県石巻市の若き漁師、阿部勝太さん(30)=写真1=と、ヤフー株式会社の会社員、長谷川琢也さん(40)=写真2=の出会いをきっかけに生まれた。

(写真1)阿部勝太さん.jpg(写真1)阿部勝太さん

(写真2)長谷川琢也さん.jpg(写真2)長谷川琢也さん

 
 阿部さんが生まれ育ったのは石巻市北上町の十三浜。十三浜は、豊かな森を流れる北上川が十分なミネラル分を河口まで運び、国内最高級のわかめの産地と知られる場所だ。阿部さんの家も代々続くわかめ漁師で、東日本大震災の前から父の元、わかめ漁師として働き始めていた。

(写真3)漁の風景.jpg(写真3)漁の様子

  しかし、漁師になって阿部さんは仕事に疑問を抱くようになる。お盆と正月以外、ほとんど休みなく働いているのに生活が苦しいこと。誰にも負けない上等のわかめをつくっても、ほかと卸価格がほとんど変わらないこと。ただ、日々の課題をみつけても、よりよい漁業を目指して行動を起こすようなことはなかったという。

 阿部さんを変えたのは、震災だった。震災で壊滅的な被害を受けた地元で仮設住宅への入居が始まり、地域のためのボランティア活動に区切りがついたころ、漁師仲間はクレーンの免許を取るようになっていた。十数年間は復興関連の土木事業があるとされ、漁業を離れてそちらへ流れていったのだ。若手だけではない、漁師を辞めるベテランも増えていった。補助金が出るとはいえ、漁師たちは借金をして漁業を再開するだけの気力を持てなくなっていた。

 親しい友人の死、仲間たちの地元離れ、それでも阿部さんは漁業をあきらめきれなかった。自分の身にも何が起こるか分からない、明日死んでしまうことがあるかもしれない。そんな経験をしたからこそ、「今のうちに漁師としてできることをしておきたい」と強く願うようになった。

 震災前からの課題解決に加え、十三浜の未来のため、漁業や加工業、農業の成功モデルを探して国内各地を飛び回る日々。そこで水産業が抱える深刻な現実を目の当たりにする。「従来のやり方を変えなければ、十三浜どころか日本の水産業が行き詰まる」。自分ひとりでは到底実現できない難しい課題に直面し、ともに使命感を持ち動いてくれる仲間を探すようになった。

 現在フィッシャーマン・ジャパンの事務局長を務める長谷川さんは震災当時、ヤフー株式会社で販売促進やyahoo! オークション(現・ヤフオク!)の仕事を手がけていた。3月11日は長谷川さんの誕生日、震災後すぐに「とにかく何かをしなければ」と、ボランティア活動をするためプライベートで東北の地に立った。

 泥かきなどのボランティア活動を続けるうち、地元の生産者とヤフーで東北の生産物をインターネット販売する応援サイトを立ち上げたが、個人の力でできることには限界を感じた。

 長期的に地域産業を支える事業の必要性を痛感し、会社にかけあってヤフーの新しい事業所、ヤフー石巻復興ベース(現・石巻ベース)をつくることに成功する。ベース開設と同時に長谷川さん自身も、家族と一緒に石巻へ移住した。

 移住した長谷川さんが2012年に出会ったのが、わかめ漁師の阿部さんだった。阿部さんの漁船に乗って日々の仕事ぶりを知ることで、阿部さんの漁師としての思いを理解し、共感するようになっていった。
 

(写真4)一緒に漁に出る阿部さんと長谷川さん.jpg(写真4)一緒に漁に出る阿部さんと長谷川さん

 二人は「水産業で新しいこと、未来へつながることをする」ための団体を立ち上げたいと動き始め、時間をかけてチームをつくっていく。 一般的に「漁師は一匹狼」といわれる。自分が海から多くの資源を得るためには、隣に住む親戚の漁師ですらライバルだ。漁師と仲買人、仲買人と魚屋の間にも、それぞれ利害関係がある。漁師は魚を高く買ってもらいたいし、仲買人はなるべく安く買いたいのが当たり前だ。

 しかし、これからの水産業は自分のことだけ考えればよい状態ではない。阿部さんと長谷川さんは、既存の概念にとらわれず地域や職種を超え、志を共にする仲間を一人、また一人と増やしていった。

 こうして2014年7月、一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンが設立された。

 当時の構成メンバーは漁師が8人、魚屋が3人、事務局が2人。事業の柱を「担い手育成事業」と「水産物販売事業」の二つに決めた。

※写真提供「フィッシャーマン・ジャパン」

関連記事
おすすめ 第7弾 カッコよく、稼げて、革新的な漁業を目指す(後篇)
おすすめ 【Beyond 2020(20)】漁業に惚れたヤフー社員は「当事者」になれない葛藤の先に何を見るのか
おすすめ 【Beyond 2020(12)】夢と現実の狭間に立つ若手漁師の今とブレない覚悟