【Beyond 2020(21)】最大被災地を世界で一番面白い街にする原点は、小さなカウンターバーだった

東北復興新聞


一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 代表理事 松村豪太

一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 代表理事 松村豪太氏


1974年宮城県石巻市出身、東北大学大学院(仙台市)卒業。仙台での生活を経て石巻に帰郷し、総合型地域スポーツクラブのNPOに勤務。勤務中に津波被害に遭い自宅が半壊するも、直後から瓦礫撤去や泥かき、仮設住宅のコミュニティ形成などに奔走。2011年5月、仲間とともに一般社団法人ISHINOMAKI2.0を設立。「世界で一番面白い街を作ろう」を合言葉に、地域内外にネットワークを広げ、多様な人を巻き込みながら様々なプロジェクトを企画。地元住民とボランティアらが交流する「復興バー」、フリーペーパー「石巻VOICE」、コミュニティスペース「IRORI石巻」、高校生向けプログラム「いしのまき学校」などがある。2017年夏に開催された芸術祭「Reborn-Art Festival」の実行委員会事務局長、市民大学「とりあえずやってみよう大学」の学長など肩書きも多数。


ー”あれから” 変わったこと・変わらなかったことー

自由なアイデアが生まれる「柔らかい場所」

僕は震災前、石巻という町に不満とあきらめを抱いていた。徐々に広がっていく商店街のシャッター通り、閉鎖的な人間関係、古いしがらみ、力をもつ一部の人たちだけで決める物事の進め方、そんな地域に対して若者が抱く将来への閉塞感…。震災は確かに大きなダメージだったけど、単に震災前の状態に戻すだけでは不十分だった。


(2018年1月19日掲載)


続きはこちら

関連記事
おすすめ みちのくみっけ Vol.3 石巻編 2日目
おすすめ みちのくみっけ Vol.3 石巻編 1日目
おすすめ 【Beyond 2020(26)】元外務官僚が描く、原発と復興の先の”アップデートされた日本社会”