キービジュアル キービジュアル

特集記事

(2017年8月29日掲載) 震災を境に生じた大きな変化は、一人ひとりの多様な「幸福論」が東北を中心に生まれたことではないだろうか。「何のために、どう生きるのか」を自問し、「自分の気持ちに素直に、自らの意思で未来を選択する」と自答して行動する人が次々と誕生した。それは...
(2017年8月24日掲載) 6年以上経った今でも、涙なしには語れないエピソードがある。それは、震災直後の4月4日以降に、死者・行方不明者1人あたり5万円の弔慰金・見舞金を現金で遺族に手渡したことだ。東京の会議室で職員が封筒に現金を入れ、ダンボールに詰め込み、マイクロ...
(2017年8月9日掲載) これから地域・まちづくりをもう一歩前へ進めるためには、またゼロベースで議論のあり方を検討していく必要があるだろう。これまでの体制や枠を取っ払うようなダイナミックな力が求められる。住民の主体性や自立・参画意識、さらにはそれを支える体制を再構...
(2017年8月7日掲載) 私のような「異な者」がこうして地域に入り込んで、一定の役割と責任を与えられ、必要とされていることを考えると、東北の各地域には外部から異質なものを受け入れる「余地」や「間」「冗長性」のようなものが新たに生まれたことがわかる。もともと地域に暮...
(2017年7月28日掲載) 何よりも一番変わったのは、僕自身の生き方だ。社会の中で、自分の責任と役割を全うする。そんな実感を持てることは幸せで、仕事を通じて大切にしたい価値観を、自らの意思によって形にする。本当に自由な働き方とは、単に「お金がある」「休みが多い」とい...
(2017年7月21日掲載) 震災後の変化を一言で表せば、個人そして企業や組織が、社会へのコミットメントを果たすようになったことだ。あの日を境に、それぞれのレイヤーで「自分たちもやらなきゃ」と社会に関わろうという「意志」を強く持つようになった。それが東北に限らず、いろ...

「新しい東北」特集記事一覧ページへ

動画コンテンツ

×
おすすめ
2017復興フォーラム0612
おすすめ
2017復興フォーラム0611
Coming Soon Coming Soon

「新しい東北」Youtubeチャンネルへ

「新しい東北」官民連携推進協議会ポータルサイトについて

「新しい東北」官民連携推進協議会ポータルサイト

PAGE TOP

©2015「新しい東北」官民連携推進協議会. AllRightReserved.